コンタクトレンズを購入するときに検査を受けた方が良い理由

特に注意しなければいけない人

どんな検査をするのか知ろう

病気に検査の他に、アレルギーを持っていないかチェックします。
自分では気づかないうちに、アレルギーになっている人が多いので医師か説明をしっかり聞いてください。
アレルギーを持っている人は、通常の人より目が弱いと思ってください。
長時間コンタクトレンズを入れていると、傷つく可能性があります。
少しの時間なら良いので、医師から制限時間を聞いてください。

軽いアレルギーの人だったら、6時間以内と言われることが多いです。
ですが重度の場合は、それより短い時間でないと目のトラブルが起こります。
3時間から、4時間だけコンタクトレンズを装着するよう言われるかもしれません。
本当に必要な時だけ、コンタクトレンズを使用してください。

おすすめされた目薬を使う

コンタクトレンズを装着していると、目が乾きやすくなります。
またアレルギー体質の人は、定期的に目を消毒しなければいけません。
その時は目薬を使ってください。
目薬にはコンタクトレンズ用と、裸眼用の2種類があります。
必ずコンタクトレンズ用を使いましょう。
裸眼用は成分が異なります。
コンタクトレンズを装着して言える時に裸眼用の目薬を使うと、病気の原因になってしまいます。

目が乾く前に、目薬を使ってください。
ドラッグストアに行くと、たくさんの目薬が販売されています。
初心者は、どのような目薬を購入すれば良いのか判断できないと思います。
事前に医師から、おすすめを聞いておきましょう。
それなら、目をしっかりカバーできます。


この記事をシェアする