コンタクトレンズを購入するときに検査を受けた方が良い理由

視力検査をしに行こう

自分の現在の視力を把握

数年前に視力検査をしたっきりになっている人は、コンタクトレンズを購入する前にもう1度してください。
前回視力検査をした時より、目が悪くなっている可能性があります。
現在使っているメガネと同じ度数のコンタクトレンズを購入しても、よく見えないかもしれません。
正しい度数を知るため、眼科で視力検査を受けましょう。

コンタクトレンズを初めて使う時だけでなく、定期的に視力検査を受けに行ってください。
パソコンやスマートフォンを使う機会が多い人は特に、視力が低下しやすいです。
すぐにコンタクトレンズの度数が、合わなくなるかもしれません。
合わないと感じたら無理に使い続けないで、早く眼科に行きましょう。
その時に最も合っているコンタクトレンズを使ってください。

他の検査も定期的に受けよう

視力検査だけ、定期的に受けていれば良いわけではありません。
目の病気や、アレルギーの検査も頻繁に受けてください。
コンタクトレンズの扱い方が雑だと、使用している時に目を傷つける恐れがあります。
前回検査した時は何もなかったのに、目のトラブルが起こっているかもすれません。
月に1回は検査を受けに行くと、病気になっていても早く治療できます。

急にアレルギーを発症することもあるので、頻繁に眼科に行きましょう。
仕事が忙しい人や面倒な人は、眼科に行くのを避けがちです。
ですが、目の病気になって放っておくと悪化します。
自分で改善することはできないので、医師の協力が必要です。
定期的に検診を受けて、病気の早期治療を目指してください。


この記事をシェアする