コンタクトレンズを購入するときに検査を受けた方が良い理由

目に異常がないか検査してもらおう

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

コンタクトレンズの扱い方に注意

異常が起こっている時に、コンタクトレンズを使用しないでください。 もっと悪化する可能性があります。 自分ではわからないので、眼科に行って医師から検査を受けましょう。 大丈夫だと思っていても、大きな病気の初期症状が出ていることがあるので油断はできません。 続きを読む

目の状態を確認しよう

目の中に入れて、コンタクトレンズを使います。
もし目が傷つい手いる時に異物を入れると、さらに目が傷ついてしまいます。
そこからバイ菌が侵入して、病気になってしまうかもしれません。
傷は小さいので、目視では確認できません、
眼科に行って検査を受けることで、目に傷などの異常が起こっていないかわかります。
何も起こっていなかったら、安心してコンタクトレンズをつけることができます。
もし目が傷ついていた場合は、治るまでコンタクトレンズは装着できません。

眼科で検査することで、アレルギーを持っていないかもわかります。
目のアレルギーを持っている人は、コンタクトレンズを長時間使用できません。
医師から、何時間までコンタクトレンズを装着して良いのか言われるはずです。
言われた時間を、守って使ってください。
目薬を使うことで、目の状態を良くすることができます。
コンタクトレンズ専用の目薬をしなければいけないので、おすすめを医師から聞いてください。

また眼科に行って、度数を調べてもらえます。
自分がどのくらいの視力なのか、わかっていない人が多いです。
コンタクトレンズを買う時は、自分で度数を選択しなければいけません。
視力検査をすることで、正しい度数が分かります。
低い度数のコンタクトレンズをでは、視力補正の効果を発揮できません。
ですが高い度数では、頭が痛くなってしまいます。
必ず、自分に合う度数のコンタクトレンズを使用してください。

特に注意しなければいけない人

初めてコンタクトレンズを装着する時は、アレルギーの検査をします。 アレルギーを持っていたら、長時間コンタクトレンズを目に入れていると異常が起こる可能性が高いので、制限が掛けられます。 制限をかけられたら、必ず守ってください。 少しくらい良いと思っていると、になります。

続きを読む

視力検査をしに行こう

度数がわからないと、コンタクトレンズを購入できません。 眼科では、視力検査もできます。 自分の視力を知って、正しいコンタクトレンズを購入してください。 度数の間違っているコンタクトレンズは、ますます視力が低下する原因になります。 必ず視力検査をしてください。

続きを読む